エタニティリング選びガイドTOP » 参考にしたい!最新ブライダルリング事情 » 金属アレルギーの人でもはめていられる結婚指輪

金属アレルギーの人でもはめていられる結婚指輪

誰しも結婚指輪に憧れを抱いています。

素敵なパートナーと巡り合えて、家庭を築いていることは、世間から素晴らしいと考えられているからです。

しかし、世の中には金属アレルギーの人たちもいて、「結婚指輪・婚約指輪・エタニティリング」などをはめるのに苦労しています。

そこで今回は「金属アレルギーの人でもはめていられる結婚指輪」をご紹介します。

金属アレルギーとは何か?

金属アレルギーとは、その名の通り金属を身につけることによって起こるアレルギー反応のことです。実は金属アレルギーは、現代の医学でもなぜ起こるのかが完全には解明されていないのです。しかも、金属アレルギーは後天的に発症します。ある日突然アレルギー反応が出るのです。そうなってしまったら、基本的には治りません。誰もが金属アレルギーになる可能性を持っているのです。

指輪の素材

金属アレルギーの原因はまだわかっていませんが、金属アレルギーの人が反応する素材はある程度判明しています。

チタン

金属アレルギーの人でもはめられる指輪の素材として、最も有名なのがチタンです。医療用のボルトなどにもよく使われています。チタンは金属の中では丈夫で錆びにくいため、長く愛用するという意味でも最適です。

タンタル

聞きなれない金属の名前だと思いますが、この素材は金属アレルギーの心配が皆無という優れた素材です。金属アレルギーは金属が溶けたときに肌が反応を起こして発生するといわれています。タンタルは多くの金属の中でも、王水(酸)ですら溶けない金属なので、安心して使用できます。他にも、「強度」「見た目の美しさ」の面でも指輪の素材として優れています。

ハフニウム

ハフニウムも、タンタルと同様に金属アレルギーの人が安心して身につけられる金属です。タンタルは黒っぽい輝きを放つのに対して、ハフニウムは白っぽい輝きですので、特に女性から好まれます。また、強度や見た目もタンタルと同じように優れているので、こちらの素材もおすすめです。

アレルギー反応が出ないように普段から気をつけること

一度、金属アレルギーの反応が出てしまった場合、普段から気をつけるべきことがあります。正しい知識をつけて、アレルギー反応が出るのを防いでください。

皮膚科に相談する

金属アレルギーになった場合、すぐに皮膚科を受診しましょう。皮膚科でパッチテストを受ければ、自分がどの金属に対してアレルギー反応を起こしているのかがわかります。すでにアレルギー反応が出た金属だけでなく、まだ自分が着用したことがない金属に対するアレルギー反応までわかるので今後の参考になります。

また、指輪には表記されている金属以外にも、別の金属が混ぜられている可能性がありますので、購入時には注意が必要です。

汗をかく状況下で身につけるのは控える

汗をかくような状況下では、指輪の着用を控えてください。金属アレルギーは、金属が溶けだして肌と反応したときに起こります。そして、金属は汗をかいているときに最も反応するといわれているのです。余計な金属反応を起こさないように、激しい運動の前や炎天下では、着用を避けてください。

このように、金属アレルギーは誰でも発症する可能性があります。けれど、金属の素材に気をつければ、結婚指輪をはめることができるかもしれませんよ!まずは皮膚科でパッチテストを受けるところから始めましょう。

どんなデザインが人気?エタニティリング人気投票
pagetop