エタニティリング選びガイドTOP » 基本をおさらい~エタニティリングの選び方 » 雰囲気を左右する「セッティング」と「カッティング」

雰囲気を左右する「セッティング」と「カッティング」

重要な工程である「セッティング」と「カッティング」について解説しています。

ダイヤモンドの魅力を引き立たせるセッティング

結婚指輪の印象を左右するといわれる、ダイヤモンドのカッティングやセッティング。

特にエタニティリングは、リング全周にダイヤモンドをちりばめているので、カッティングやセッティング法の違いで、リング全体の雰囲気が変わってきます。身に着けた時のイメージも違ってくるので、エタニティリングならではの奥深さがあるのです。

美しく魅せるエタニティリングを選ぶコツは、カッティングとセッティングの違いを押さえておくこと。代表的なセッティングとカッティングをみていきましょう。

リングにダイヤモンドを留める2つのセッティング法

セッティングは石留めともいわれ、ダイヤモンドをフレームに固定する方法です。金具で止める「立て爪」と、フレームに埋め込む「爪なし」の2つの方法があります。

立て爪

フレームに乗せたダイヤモンドを数本の爪で固定させる方法です。フレームから浮かせることで爪の間から光が差し込んで、ダイヤモンドの輝きをもっとも引き立たせます。

エタニティリングでは、「共有爪留め」、「四点爪留め」がスタンダードです。

<立て爪のバリエーション>

  • 共有爪留め
    1つの爪で、隣合うダイヤを留める方法です。爪の数が少ないのでダイヤの存在が引き立ち、繊細でゴージャス感のあるエタニティリングになります。
  • 四点爪留め
    4本の爪でダイヤモンドをしっかり固定させる方法です。どっしりとした安定感のある印象になります。

カテドラルセッティング

爪にセッティングしたダイヤモンドを高く持ち上げて、両ワキにスロープをつないでいるセッティングです。

しっかりダイヤモンドを支えられる上に、横から見たデザインも美しいので人気があります。

爪なし

ダイヤモンドを埋め込むように止める方法です。表面がフラットになるので、服に引っかかったりダイヤを傷つける心配がありません。

幅広いバリエーションがあり、エタニティリングでは「レール留め」や「パヴェセッティング」などが使われています。

<爪なしのバリエーション>

  • レール留め
    両サイドのレールでダイヤモンドを挟み込んだ、爪を使わずに固定させる方法です。表面がフラットになるシンプルなデザインで、洗練された美しさがあります。
  • パヴェセッティング
    パヴァとはフランス語で「敷石」を意味する言葉。小粒のダイヤモンドをレール一面に埋め込む方法です。ダイヤモンドが繊細にきらめくエタニティリングになります。

ダイヤモンドの命を吹き込むカッティング

伏せ込み

ダイヤモンドの周りを地金で囲み、アームに穴を開けて埋め込んでいるタイプのセッティングです。

立て爪などと比較するとダイヤモンドの存在感は弱くなりますが、出っ張りがなくなめらかでつけやすいので、日常生活でも身につけられるメリットがあります。

立て爪タイプのリングが苦手な人や、控えめな美しさが好みの人に選ばれることが多いです。

ベゼルセッティング

地金を使ってダイヤモンドを囲むような台を作り、そこにダイヤモンドを伏せ込みます。 爪がなくても華やかさを演出することができ、シンプルな雰囲気なので若い方に人気のあるセッティングです。 プラチナでもステキですが、ゴールドの地金によく合います。

テンションセッティング

地金の張力でダイヤモンドを留めているセッティングです。

左右の地金でダイヤモンドを挟んでおり、周りを囲っていないのでダイヤモンドがより美しく輝きます。

大胆なデザインのリングに取り入れることが多いセッティング。

はさみ留め

地金に溝を作り、ダイヤモンドの縁の部分を挟み込んで留めます。

ダイヤモンドの幅に合わせて溝を作るので、ダイヤモンドのサイズとリングの幅が同じくらいになることが多いセッティングです。

彫り留め

地金に直接ダイヤモンドを埋め込むセッティングです。

「彫り留め」のほかに、「ころし留め」や「ドット留め」と呼ばれることもあります。

ダイヤモンドがライン状にならんで美しく輝く、人気の高いセッティングです。

ダイヤモンドの原石に命を吹き込み、輝きを与えるカッティング。

伝説のカッターと呼ばれるラザール・キャプランやジョセフ・アッシャーたちは、まるで何かに取りつかれたかのようにカッティングに取り組み、その至高の輝きで世界中の人々を魅了させました。

エタニティリングで一般的に使われているカッティング法はファセットカットで、様々なバリエーションがあります。

ファセットカット

切子状の小さな面をいくつも組み合わせたカッティング法で、光りの屈折率が高くなるので、ダイヤモンドの透明感と輝きを最大限に引き出します。

ファセットカットを大きく分けると、ブリリアンカットとステップカットがあります。

  • ブリリアンカット
    1919年にカッティング職人、マルセイユ・トルコフスキーが生みだしたカッティング法です。緻密な計算により、ダイヤモンドの輝きと透明感をあますところなく引き出しています。
    形状により、ラウンド・ブリリアンカット、オーバル・ブリリアンカットがあります。中でも、58面体にカットしたラウンド・ブリリアンカットは、ダイヤモンドの基準である「4C」の1つになっています。
  • ステップカット
    ダイヤモンドをスクウェア型にカットし、その外周を長方形や四角形で縁取る方法。1910~1930年代頃に流行した技法で、存在感と重厚感のある仕上がりが特徴です。
    形状により、「エメラルドカット」、「バゲットカット」、「スクウェアステップカット」があります。
  • ミックスカット
    ブリリアンカットやステップカットをミックスしたカッティング法です。ブリリアンカットの輝きとステップカットのデザイン性や美しさがあります。
    その代表ともいえるのがプリンセスカットです。ラウンド・ブリリアンカットに匹敵する美しさと輝きは、絶大な人気を誇っています。

アイディアル・ラウンド・ブリリアントカット

ダイヤモンドのカッティング法の中でも、限りなく理想形に近いカッティング法が、「アイディアル・ラウンド・ブリリアントカット」。1919年、数学者のマーセル・トルコウスキー氏が開発しました。

光の効果を緻密に計算し、もっとも美しく輝き、美しく見えるカッティング方法です。58面体にカットしたダイヤモンドは強く輝き、ダイヤモンドの評価基準の1つ「4C」になっています。

宝飾品としてのダイヤモンドの歴史はこの時から始まったといわれ、その芸術的な輝きは、今なおエクセルコ・ダイヤモンドに受け継がれているのです。

ハートシェイプブリリアンカット

ブリリアンカットを用いつつ、ハート形にカットしたデザインです。

「マックル」というダイヤモンドの原石の状態からカットするのですが、ハートシェイプブリリアンカットにカットできるマックルは少なく、また多くの無駄が出てしまうので、高価になります。

ペアシェイプブリリアンカット

洋梨の形でカットしているのがこちらの「ペアシェイプ」です。

シェイプとは英語で「洋梨」を意味します。

片方だけ先端を尖らせることで、大人の雰囲気が出ています。

オーバルカット

ラウンドブリリアントカットを楕円形にしたものです。

ダイヤモンドのほかにも、さまざまな色石に取り入れられているオーソドックスなカットになります。

マーキースシェイプ

両端を尖らせたエレガントなカットです。

「マーキース」には「公爵夫人」という意味があり、ポンパドゥール夫人をイメージすることからこの名がつけられたといわれています。

指輪のほかにも、ペンダントなどでも用いられることの多いカットです。

エメラルドカット

その名の通り、エメラルドによく見られるカットです。

落ち着いた雰囲気なので年齢を重ねても長くつけることができます。

エメラルドカットに使用される石は、不純物が少ない良質なものでないときれいに仕上がらないので、ダイヤモンドを含めて質の高い石が多いです。

ちなみに、エメラルドカットがエメラルドに使用されることが多いのは、エメラルドの原石が水晶のような六角形状となっていることと、エメラルドが一方向の力に弱いということが理由なのだそう。

プリンセスカット

ブリリアンカットを変化させて、四角い形にしたカットで、1970年代に生まれた比較的新しいカットです。

ステップカットよりも輝きが増します。

どんなデザインが人気?エタニティリング人気投票
pagetop