エタニティリング選びガイドTOP » 基本をおさらい~エタニティリングの選び方 » ハーフとフルエタニティどっちを選ぶべき?

ハーフとフルエタニティどっちを選ぶべき?

エタニティリングの種類で迷っている方必見!それぞれのメリット・デメリットをまとめました。

エタニティリング~ハーフとフル徹底比較

エタニティリングには、リングの半周にダイヤモンドをあしらったハーフエタニティリングと、全周にダイヤをちりばめたフルエタニティリングの2種類があります。

ダイヤモンドの数が少ないハーフエタニティリングは、繊細で可憐な印象がありますが、フルエタニティリングには、ゴージャスで華やかなリングが多いようです。

ハーフとフルでは指にはめた時の印象も全く変わってくるので、それぞれのメリット・デメリットを押さえた上で、目的に合ったリングを探すのが賢い選び方といえます。

それぞれの違いをみていきましょう。

ハーフエタニティリング

  • メリット
    ハーフエタニティリングは、フレームの半周にダイヤモンドをあしらったエタニティリングです。
    フルエタニティリングとの大きな違いは、ダイヤの数が少ないので、日常使いに適している点。シンプルで繊細ですが存在感は充分にあり、重ね着けするとより一層ダイヤの輝きが引き立ちます。
    また、石の数が少ないので、フルに比べるとお値段は控えめ。購入後のサイズ直しが簡単にできます。
  • デメリット
    ゆるめのリングを選ぶと、はめているうちにリングが回転して、せっかくのダイヤモンドが掌側に隠れてしまうので、指のサイズに合わせて選ぶ必要があります。

フルエタニティリング

  • メリット
    フルエタニティリングは、アーム全体にダイヤモンドをちりばめたリングです。どの角度からでもダイヤが見えるので、一際強く輝いて存在感があります。
    ゴージャスに見えますが、シンプルなデザインも多く、普段使いにしたり、重ね着けを楽しむ人も少なくありません。
  • デメリット
    ダイヤモンドの数が多い分、どうしてもお値段が張り、サイズ直しも難しいといえます。また、取扱いには注意が必要で、指輪に力が加わると変形してしまいます。
    普段着けしている人は、お葬式などの弔辞の席ではNGなので、外さなければなりません。

シーン別エタニティリングの選び方

永遠の愛の絆を結ぶエタニティリング。だからこそ、一生使えるエタニティリングを選びたいですよね。

メリット・デメリットはもちろんですが、普段使いや装い用など、使用する場面によっても選び方が変わってきます。シーン別に合ったエタニティリングをご紹介します。

パーティや結婚式

パーティや友人の結婚式のような晴れの場には、フルエタニティリングが大活躍!ダイヤモンドの輝きは、パーティドレスを引き立てて、その場の雰囲気を華やかに盛り上げてくれます。

カジュアルな装い

ハーフエタニティリングはカジュアルな場面でも、個性を発揮してくれます。シンプルで華奢なデザインが多いので、ジーンズやチェニックにも似合い、さりげないお洒落を演出してくれるでしょう。

普段着け

2人の絆をずっと感じていたいから、いつもずっと身に着けていたい。そんな方には、ハーフエタニティリングがおすすめです。

シンプルなデザインが多く、家事や育児をする時はダイヤを掌側に回しておけば、邪魔になったりお子さんのお肌を傷つけることがありません。

一生使い続ける

若い時は、細身で華奢なエタニティリングが生えますが、年齢を重ねていくと、指のシワなどが目立ってしまいます。少し太めでシンプルなハーフエタニティリングがおすすめです。

ハーフでしたら嫌味がなく、年を重ねた指にも美しく映えて、円熟した大人の女性の魅力を演出してくれます。

どんなデザインが人気?エタニティリング人気投票
pagetop