エタニティリング選びガイドTOP » 基本をおさらい~エタニティリングの選び方 » エタニティリングとソリティアリングの違い

エタニティリングとソリティアリングの違い

シンプルなものを好む二人には「ソリティアリング」

ソリティアリングの「ソリティア」とは、指輪のデザインを意味しています。 これは、一粒のダイヤモンドや宝石が指輪の真ん中に爪で固定されているデザインのことです。 とてもシンプルですが、婚約指輪と言えば一粒石の指輪をイメージする人も多いかもしれません。

日本でも婚約指輪のデザインとしてはベーシックなもので、このデザインは嫌いだという人も少ないでしょう。彼女の好みが分からないが探れない、もしくは、新しいものよりもオーソドックスなものを好む彼女であれば、このソリティアリングを婚約指輪に贈るとよいでしょう。

また、宝石が1カ所にしか付いていないため、万が一、指輪のサイズが合わなかった場合や結婚後にサイズが変わってしまった場合でも、若干のサイズ調整が可能な点です。

華やかで、これぞ婚約指輪というデザインのソリティアリングですが、デメリットもあります。 どうしても宝石が突出したデザインになるため、結婚後も家事や子育てなど、手を使う機会は増えていくことでしょう。そのため、石が傷ついてしまったり、服や肌に引っかかって思わぬケガをしてしまうこともあり、普段付けているには厳しいこともあります。

記念日やデートなど特別な日にだけ付けられれば良いのか、毎日付けていたいかをよく考える必要があります。

普段使いしたい二人には「エタニティリング」がおすすめ

エタニティリングとは、指輪の全周に同カット同サイズのダイヤモンドや宝石を埋め込んだデザインの指輪です。途切れることなく宝石が並ぶ様子は「永遠(エタニティ: Eternity)」を連想させるため、エタニティリングと呼ばれています。

最近では、結婚指輪としても人気のエタニティリングには、「フルエタニティ」と「ハーフエタニティ」の2種類があり、名前の通り全周に宝石を埋め込んだものがフルエタニティで、エタニティリングと言えばこのフルエタニティのことを指す場合がほとんどです。

ソリティアと違って宝石が突出しないため、普段付けていても仕事や家事の邪魔になりません。 埋め込む宝石の数が多いので、ダイヤと色付きの宝石を交互に配列して個性を出したり、オリジナリティを出せるのも魅力のひとつです。 また、どの角度から見てもキラキラと宝石が輝くので、シンプルな服装の時も地味過ぎにならず、上品な雰囲気に仕上げてくれます。

一方、ハーフエタニティは、リングの半周にのみ宝石を埋め込んだデザインです。 宝石が付いていない部分があるためサイズ調整も可能で、フルエタニティよりもさらに実用性を増したデザインと言えるでしょう。

フルエタニティに比べ、宝石の数は少ないですが、表面から見える範囲には、まんべんなく宝石が配置されているため高級感は劣りません。

宝石の数が少ないので、「予算があまりない」という場合にも予算を抑えて購入できるというメリットにもなっています。

どんなデザインが人気?エタニティリング人気投票
pagetop