エタニティリング選びガイドTOP » エタニティリングと言えば?チェックするべき御三家ブランド » エクセルコダイヤモンドの魅力に迫る

エクセルコダイヤモンドの魅力に迫る

ベルギー発のカッティングブランドであるエクセルコダイヤモンドについて紹介します。

極上のダイヤを生み出すエクセルコダイヤモンド

質の高いジュエリーを良心的価格で世に送り出している、エクセルコダイヤモンド。高額宝石窃盗団の『ピンクパンサー』に狙われたことで、図らずもエクセルコダイヤモンドの名を世に知らしめました。

エクセルコダイヤモンドの品質の高さは、職人たちの優れた技術力に支えられています。世界三大カッターブランドに数えられるラザールダイヤモンドの創設者であるラザール・キャプランも、実はエクセルコダイヤモンドでその研磨技術を学びました。

知名度では測れない極上のジュエリーブランド、それがエクセルコダイヤモンドです。

受け継がれてきた歴史

エクセルコダイヤモンドの歴史は、19世紀までさかのぼります。ベルギーの都市アントワープで、初代アブラハム・トルコウスキーが研磨工場を開いたのが始まりでした。

初代アブラハムの研磨技術と美しいカッティングは業界でも評判となり、またたくまに研磨工場の名門として知られるようになりました。中でも大きな功績を成し遂げたのは、4代目マーセル・トルコウスキーです。数学者でもあったマーセルは研究に研究を重ね、ついに58面体のアイディアルラウンドブリリアントカットを発明しました。100年以上たった今日でも、これ以上ダイヤを美しく輝かせることができるカッティングは、未だ登場していません。

その後も優れたカッティング技術はトルコウスキー一族と熟練の職人たちの手で後世に伝えられていき、1994年に7代目ジャン・ポール・トルコウスキーが、エクセルコダイヤモンドを設立しました。

サイトホルダーとしての地位と使命

サイトホルダーとは、ダイヤ供給会社デビアス社から直接原石を買い付けることができる企業を指します。

エクセルコダイヤモンドは、数少ないサイトホルダーの中の一社です。

ジャン・ポールは、ダイヤモンドの最大産出国ボツワナに自社工場を建て、全てを自社で完結させる体制を築くことにより、大幅なコストカットを図りました。それと同時にボツワナの振興や雇用、福祉にも多大に貢献しています。 このように適正な流通ルートを確立し、紛争ダイヤモンドとは無縁のダイヤモンドを良心的な価格で提供することにより、エクセルコダイヤモンドはサイトホルダーとしての使命を果たしています。

選び抜かれたトリプルエクセレント

ダイヤモンドカットに情熱を注ぎ続けてきた、エクセルコダイヤモンドならではのこだわりに、トリプルエクセレント(3EX)があります。

3EXとは、ダイヤモンドの品質を表す『カット』の3項目、プロポーション・ポリッシュ・シンメトリーで全て5段階中最高の評価を得たダイヤを指します。エクセルコダイヤモンドで提供するダイヤは、全てこの3EXのみとなっています。

また、エクセルコダイヤモンドでは、エタニティリングに使われるメレダイヤと呼ばれる小さなダイヤにも、全て完璧なハート&キューピッド(H&C)が見られるものしか使用していません。

ちなみに、銀座にあるエクセルコダイヤモンドの東京本店では、50倍のスコープを使ってH&Cが確認できるそうです。

3つの鑑定書と証明書の存在

自社のダイヤに絶対的な自信を持っているエクセルコダイヤモンドでは、ダイヤが購入される際には必ず鑑定書と証明書を合計で3つ付けています。

  1. ダイヤモンド鑑定書:ダイヤの品質を表す4Cを含めた総合的な品質評価が示されているもの
  2. カット証明書:エクセルコがカットしたダイヤであることを証明するもの
  3. サリネレポート:ダイヤモンドの輝きに対する評価が記載されたもの
  4. *サリネレポートには、ダイヤの品質を表す4Cとはまた違った科学的なアプローチによる測定結果が書かれています。

エクセルコダイヤモンドで提供しているダイヤは、上記の鑑定書と証明書によって最高級と評価されたダイヤのみとなっています。

エクセルコダイヤモンドのエタニティリングを美しく保つ方法

購入した当初はピカピカのエクセルコダイヤモンドのエタニティリングも身に着ける時間が長くなると傷や汚れはついてしまうものです。

例えば、ダイヤモンドには脂を吸着する性質があるため、長期間身に着けると手の脂などが原因でくすんでしまいます。

またリングの部分も家事などをする際にステンレスや鉄にあたると傷がつき、くすんでしまいます。

そこでここからは、エクセルコダイヤモンドが使用されたエタニティリングの美しさをできる限りキープする上で役立つ情報をご紹介します。

永久保証サービスを使う

普段から取り扱いに気を付けて、こまめにお手入れをしたとしても時間が経つと、どうしても傷や汚れがついてしまうものです。

そこで、エクセルコダイヤモンドで、実施している永久保証サービスを無料で受けてみましょう。

永久保証サービスには以下のサービスがあります。

1.ナノジュエリーコート

ナノジュエリーコートとは、表面についた汚れを除去し100万分の1という微粒子でコーティング加工を行うことです。

このナノジュエリーコートは、細かい傷を修復しながら汚れや傷を予防することが可能なので、傷や汚れがついてしまっていても購入当初の様な輝きを取り戻しながら未来まで、その美しさを保ってくれます。

1度加工すると6か月から1年程の効果が持続するので、手入れをこまめに行えない方にもおすすめです。

2.ダイヤモンドのクリーニング

超音波のクリーニングマシーンを使ったダイヤモンドのクリーニングで、数分できれいに仕上げることが可能です。

細かな汚れなどを落として、購入当初の輝きを蘇らせます。

3.つや消し加工

経年で消えてしまったつや消し加工を再度、行います。

こうすることで、再び上品な美しさを取り戻します。

4.石のぐらつき補正

セットしていた宝石にぐらつきがないかチェック後に正しい位置に戻してセットしてくれます。

リングで重要な宝石をなくしてしまわないように定期的に宝石のぐらつきもチェックしてもらいましょう。

5.リングの調整

リングのゆがみやサイズ直しを行なってくれます。

長期間身につけていた場合には、リングが歪む場合があります。

歪な形よりも整った美しい形状に戻してあげましょう。

また、サイズの調整もしてくれるので、リングが大きくなった場合や小さくなった場合にも諦めずにサイズの直しサービスを受けてみましょう。

家庭でもできるダイヤモンドのお手入れ方法

永久保証サービスを受けるのもよいですが、普段から家庭でもできるお手入れ方法や注意点があります。

エタニティリングに傷や汚れが付きそうな掃除や水回りの作業をする際には、外しておくのが良いでしょう。

そして、保管する際には、変色や変質を防ぐために風通しが良く直射日光の当たらない場所を選ぶことが大切です。

ダイヤモンド部分で、軽い汚れやくすみの場合には、柔らかい布や電子機器用のクロスなどで優しく磨くとキレイになります。

汚れがひどい場合には、薄く中性洗剤を溶かしたぬるま湯に数分浸して汚れを浮かし、歯ブラシなどで磨いて汚れを落とします。

中でもダイヤモンドを支える爪の部分には、汚れが溜まりやすいので、傷をつけないよう念入りに掃除しましょう。

水分を拭き取るときには、柔らかい布、もしくは電子機器用クロスで拭き上げるときれいになります。

リングは素材に合わせた方法でお手入れ

プラチナ、ゴールド

普通のジュエリークロスを使用すると傷がついてしまうので、微粒子研磨剤を含むジュエリークロスで拭き上げてから研磨剤を含まないジュエリークロスで拭き上げます。

それからプラチナ、ゴールド専用の液体洗浄剤で洗って乾拭きし、完全に乾かしましょう。

シルバー

酸性の物質に触れると変色しやすいので、普段から取り扱いに注意が必要です。

くすみや傷がついてしまったら、研磨剤入りのジュエリークロスにシルバー専用の洗浄剤をつけて磨き上げます。

その後、水で洗剤と汚れを洗い流すのですが、水分が残っていると変色を起こす可能性があるので、柔らかい布でよく水分を拭き取り、風通しの良い日陰で乾かしましょう。

メッキ

ピンクゴールドやホワイトゴールドなど、コーティング加工されたリングは研磨剤入りのクロスなどを使用しますとメッキが剥がれてしまいます。

研磨剤を含まないクロスで拭き上げてから液体クリーナーで洗浄してください。

メッキは黒ずみやすいので、定期的なメンテナンスが必要となります。

また、この方法でもキレイにならなかった場合は、メッキが剥がれている可能性があります。

この場合、再び、メッキを塗装してもらう必要があります。

エクセルコダイヤモンドの公式サイトはこちら

どんなデザインが人気?エタニティリング人気投票
pagetop